ホーム > 繁盛サロンの条件

繁盛サロンの条件

繁盛サロンの条件

Thriving Salon Conditions

繁盛サロンの条件

CoCoRoだから分かる!

成功事例から学ぶ、繁盛店の条件

650店舗以上の卒業生サロンが全国に接客、技術や知識面、メニュー、集客、経営などCoCoRoには繁盛店のノウハウがいっぱい詰まっています。
このページで全てはお伝えできませんので、一般的な繁盛店の条件と、先輩サロンさんの開業例をお教えします。

1. エステティックの知識・技術と接客は繁盛店の絶対条件

繁盛サロンの条件

2. お客様に選んでもらえるサロンのこだわり

3. 少ない予算で癒しの空間づくり

4. トイレのきれいなお店は繁盛店

5. 低予算で出来る集客法

6. 口コミで広がる人気メニュー

7. 技術同様にお客様が気になる接客

8. リピーターは感動のエステ体験から生まれる

9. お客様が心に刻む感動のサプライズ

10. 繁盛店は勝つ努力を惜しまない

1. エステティックの知識・技術と接客は繁盛店の絶対条件

エステ客は常により良い技術を求めています。 
大手などと比較して、立地や設備、広告などで劣る個人サロンは知識・技術・接客で勝たなければなりません。
リピーターの通う理由の上位に必ず来るのは、エステの技術と結果、そして接客です。

2. お客様に選んでもらえるサロンのこだわり

お客様に数あるサロンの中から選んでもらい、初めて来店して頂いた時が勝負です。
初回来店時に
今まで経験したことのない感動の施術体験があって、再来店に繋がり、継続利用を経てリピーター顧客として定着してもらえます。
その為には
他店にない魅力(こだわり)が必要です。 
他店に勝る魅力なんて・・・ と難しく考える必要はありません。
ここでいうサロンの魅力とは、
お客様本位で考えたメニューやサービスがあるかどうかです。
さらに言えば、お客様目線で考えられた感動レベルの満足がメニューや価格、サービス、接客にあるかどうかという 「こだわり」 です。
実際、顧客満足を簡単に口にする経営者は多いのですが、そのほとんどが経営者目線の顧客満足です。

3. 少ない予算で癒しの空間づくり

サロンはお客様が日常の忙しさを忘れて、ゆったりと癒しのひと時を過ごしていただくスペースです。したがってサロン内のレイアウトやインテリアはお客様がリラックスできるように工夫しましょう。特に自宅サロンの場合は、生活感が感じられるものは、見せないようにする工夫が必要となります。
インテリア用品などは、高価な物を揃えるのではなく、あなたのセンスで工夫してシンプルにまとめることです。

4. トイレのきれなお店は繁盛店

どんな業種でも繁盛店のトイレは驚くほどキレイです。
臭いやホコリ など汚れが気になるトイレは不潔で最悪です。たとえ感動的なエステだったとしても、トイレに入った瞬間にすべてが台無しになってしまいます。
逆に驚くほど綺麗なトイレは、お客様の心を癒すことになります。
つまりサロンにとっては、トイレもエステの一つと考えてください。トイレの隅々まで徹底して、気配りすることで、
お客様の満足度は高まり、サロンへの信頼へと繋がっていきます。
トイレは常にピカピカに磨いて、インテリアや香りなどにも工夫しましょう。

5. 低予算で出来る集客法

どんなに素敵なサロンを開店しても、知ってもらえなければ誰もお店には来てくれません。 
友人・知人から口コミでお客様を広げていくことも可能ですが、それだけをアテにしていては繁盛店になれません。
集客方法は看板、イーゼル、チラシ、情報誌、ホームページやSNSなど、いろいろありますが、チラシやパンフなどはパソコンで作れるし、チラシ配りやポスティングなどは自分でやれば、お金もかかりません。 
チラシの確率は低くても継続することで必ず結果につながります。またポスティングの場合は対象がサロンに近いエリアになるので、お客様がサロンへ通いやすい利便性からリピーターになる確率も高いのです。 
その他、地域の情報誌や各種ネット媒体は比較的安い広告媒体でもあり、メニューや価格次第では大きな成果を上げることが期待できます。最近 では
SNS を活用するケースが主流になりつつあります。

6. 口コミで広がる人気メニュー

エステティックはフェイシャルケア、ボディケア、痩身、脱毛、そしてプラスαのケアとしてネイルケアなどがあります。
個人サロンで多いのはやはり、フェイシャルエステですが、最近では、痩身や脱毛メニューを取入れる個人サロンも増えてきています。
初めてエステサロンを開業する方の場合は、まずフェイシャルからスタートして、経験を積みながら段階的にボディや痩身メニューを取入れ、ある程度、お客様が出来てから脱毛を始め、最終的にトータルエステを目指すことも良いでしょう。
どんなエステであっても、お客様は感動レベルで満足できないと、リピーターとして定着してくれません。 

今まで体験したことのないほどの満足度の高いメニュー が作れれば、鬼に金棒です 。特に女性は、自分が素晴らしい体験をすると、それをだれかに話したくなります。 
他店にない満足度の高い人気メニューがあると、自然に口コミで周りに伝わっていきます。
そして、
人気メニューの多くは結果が分かりやすい施術です。
広告費に予算をかけられない個人サロンにとって口コミはとても重要です。美容院、鍼灸院、整体院など異業種からの参入により、競争が激しいエステ業界だけに口コミによる集客は成功のカギといえます。

7. 技術同様にお客様が気になる接客

どんなお店でも接客は気になるものです。気が利かない、失礼な接客に嫌な思いをした人は多いはずです。
特にエステの場合は、肌と肌が触れ合う関係性からエステティシャンとお客様双方の信頼関係が大切です。また、お肌だけでなく、仕事や日常の生活の中でストレスや悩みを抱えたデリケートなお客様が多いのです。
ですからお客様に優しく寄り添い、お客様が心から癒され、元気になって頂けるような接客が必要なのです。接客もエステの一部と心掛けましょう。

8. リピーターは感動のエステ体験から生まれる

繁盛店になるためには、今までお客様が味わったことのない驚きの結果を提供できるかどうかがポイントになります。
口コミで広がる人気メニューのところでも触れましたが、初回来店時のエステ体験が今までにない感動レベルだと、また同じ体験をしたいと思うものです。
この感動体験こそが再来店やリピーター顧客につながる重要なカギなのです。
こうした感動は施術だけでなく、価格やお得プランなどサービスや接客にも言えることです。

9. お客様が心に刻む感動のサプライズ

施術以外でも、お客様が今まで味わったことのない喜びや満足が提供できなければ繁盛店になることはできません。
エステサロンを開業したばかりの方にとって、難しいことのように思われますが、実はそうでもないのです。
例えば、お店の外も内も隅々まで綺麗に掃除をしたり、トイレのタオルをお客様ごとに取り換えることや、スリッパも常にきれいで清潔な状態を保つ、心地よい香りを漂わせるなど、お客様に快適に癒して頂けるような気配りが徹底できるかどうかです。
そして、何よりも大切なことは常に明るく元気良く笑顔で接客ができることです。笑顔ほどお客様を安心させ、癒すことができるものはありません。
このように「当り前のことを当たり前に」すればよいのです。
実は、こんな当たり前のことができていないサロンが多いのです。その多くは、接客の基礎を学んでいないか、あるいは仕事に慣れてしまい、いつの間にか大切な基本を忘れてしまっているかのどちらかです。
ですから「当たり前のことを当たり前以上にする」ことを心掛けるだけでも、お客様にとって十分に感動のサプライズとなるのです。また、すべてのお客様に均一のサービスを提供するのではなく、個々のお客様に応じたサービスを提供することも忘れてはなりません。

顧客対応ではなく個客対応が正解です。

10. 繁盛店は勝つ努力を惜しまない

繁盛店になるための条件を大まかにまとめてみましたが、これからエステサロンを開業しようとする人に求められることは、繁盛店になるための条件を具体化にして、それらを継続して実行し
ていく強い意志です。
その強い意志や行動は、繁盛店になりたいという願望や目標から生まれます。
例え、初めての経験であっても開業をする以上はプロ意識を持って、お客様に喜んで頂くために全力を尽くさねばなりません。
経営者として成功する人は、才覚に溢れた人ではなく、夢を実現して行くための努力を惜しまない人です。