銀行員からエステティシャンに転身

広島市 武者さん


銀行員としてバリバリと働いていましたが、子供の成長に伴い、何かできることはないかな?と考えるようになりました。 元々美容に興味があり「自分もキレイになりながら人もキレイにできるのっていいな…」と思い、ネットで「きれい塾」を見つけ、実際に生のエステを体験して「この技術を学んで周りの人もキレイにしたい」と思い入塾しました。


受講後、すぐに土日のみの自宅サロンを趣味程度に始めましたが、やっているうちにエステの楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知りました。当時は安定した給与がなくなるのが怖かったし、エステ一本でやっていく自信も無かったので、3年間は銀行勤めをしながらやっていました。


でも、少しずつお客様も増えてきたこともあって、人生一度きりだし、どうせやるなら楽しみながら過ごそうと思うようになり、エステ一本でやっていこうと決心しました。そして、お客様が来店しやすくなるようにと路面店を借りて本格的なエステサロンを開業しました。



女性は太陽のような存在。仕事や家事に一生懸命頑張ったあげく、ストレスが溜まって、身体もお肌もボロボロになってしまったお客様に「元気になって素敵にキラキラ輝いて欲しい」そうなれば家族みんなが幸せになれる。私は、エステで綺麗になることが幸せの第一歩だと思っているので、ご来店頂くだけで元気になれるサロンを目指しています。そのために、まずサロンや私を知ってもらうために二ヵ月に1度、新聞折り込みをサロン近郊にポスティングしています。チラシ作りも業者には任せず、こんなお客様に来て欲しいこんなお悩みの方のお役に立ちたいという思いを明確にして気持ちを込めて作っています。


今後は、2店舗目の出店やメンズサロンも目指していますが、常にお客様の立場に立ったサロンでありたいと思っています。